日産が誇る”至高のスーパーカー”

こんにちは、スマイルちゃんです^^*

あれよあれよと月日は過ぎて、気がつけばすでに12月!(驚)街中は、クリスマスムード一色ですね~~♪ 県内各地でイルミネーションもスタートしていますが、私のオススメは冬の澄んだ空気の中、暗闇に流れる流星群★★ 今年は、12月14日の21時頃に”ふたご座流星群”が極大を迎える予想が出ています。クリスマスや年明けまでラストスパート! シングルのあなた、私と一緒に降り注ぐ星たちに「素敵な人ができますように♡」と祈りましょう。

さてさて~、今回はスポーツカー好きなら一度は憧れたことがあるであろう、あの車のお話。宮崎北店の渡邊店長に、魅力を思う存分語っていただきました。

__________*__________*

渡邊店長:今日ご紹介したいのは、私が愛してやまない「GT-R」という車です。今年の9月、日産ブランドアンバサダーに就任したテニスの大阪なおみ選手が「白いGT-Rが好き。速いから!」というコメントで、急遽贈呈されたことでも話題になった、日産が誇るスポーツカーです!

スマイル:以前、サティオ宮崎店で実物を見せていただきましたが、GT-Rが放つオーラが凄すぎて、近づくのにドキドキした記憶があります(笑)。なんたって戸建の家が買える価格ですからね!

渡邊店長:なぜこれだけ高価な車なのかというと、精度の高さやポテンシャルはもちろん、それだけ需要があったからなんです。元をたどると1969年発売の「初代スカイラインGT-R」に始まり、その後、2007年東京モーターショーでのワールドプレミアをきっかけに、世界中から注目を集めるようになったんです。日産車の象徴モデルとして国外にも販売していくという流れから、日産の名前を冠して「NISSAN GT-R」と名付けられました。もちろん今でもアメリカやイギリス、中東など、世界中で販売されていて、多くのファンを魅了し続けている一台なんですよ。

スマイル:GT-Rって、スカイラインの後継モデルだったんですね! 魅了されるファンが多い分、その価値も上がっていったってことなんですね~。

GT-Rファンの皆さん! ぜひ、GT-R談義をしましょう♪

渡邊店長GT-Rのエンジンやトランスミッションは、一基ずつ、ひとりの職人によって組み立てられているんです。高性能車だからこそ、それに応じた専門知識が必要になるので、どの店舗でも販売しているわけではないんです。県内のサティオでは、宮崎本店がハイパフォーマンスセンターに認定されているので、実車を展示・販売することができます。さらにスタッフも「GT-Rマイスター」という資格がないと販売はできないことになっています。

スマイル:マイスターの資格を取得するのって大変そうですね・・・。

渡邊店長:サティオ宮崎では私を含め2名のスタッフがマイスターの資格を持っています。資格取得のために特別な研修を受けるのですが、その歴史はもちろん、開発の経緯や開発者の想い、情熱などをひしひしと感じることができました。サーキットでの試乗もして、性能や走りを直に体感することも研修項目のひとつにありましたね。ただ、何よりも大事なことは「GT-Rを愛しているか」という気持ちですね。

スマイル:GT-R愛! なんだかすごい! 店長は、実際にGT-Rに乗られているんですよね?

渡邊店長:はい! 元々は、スポーティでスタイリッシュなスカイラインに憧れて、この仕事を選んだんです。学生時代、あの丸いテールランプやフォルム、性能の高さに魅力を感じていました。今は私自身も念願だったGT-Rを所有しているので、実際に乗っている私だから分かる魅力を、多くの人に伝えていきたいですね。

スマイル:GT-Rを含め、店長が思う日産車の魅力ってなんでしょうか??

渡邊店長高性能かつスポーティな”走りのDNA”が組み込まれているという点でしょうか。普段使いはもちろんですが、スポーツドライビングをするのには、もってこいの車が多いのが魅力ですね。GT-Rまではいかなくても、スポーティなタイプの車がイイ!と思っている方には「ニスモ仕様」がオススメです。カーレースで培った技術を各車にカスタムしたもので、コンパクトカーで人気のノートやファミリーカーの代表格セレナ、SUVのジュークなど、いろんな車種でニスモ仕様を楽しむことができるんですよ。新型リーフニスモ仕様も注目の一台なので、ぜひチェックしてみてください。