車のプロに聞きましたpart.2 〜水害時の車の守り方!〜

こんにちは、スマイルちゃんです^^*
まだまだ残暑が厳しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
カラッと晴れていても、いきなり積乱雲(入道雲)が現れて雨が降ってくる・・・というのは、夏の天気ならではですが、
近年、”記録的豪雨”や”ゲリラ豪雨”という言葉をよく耳にするようになりましたよね。
つい最近も、都内で大雨の被害があったというニュースをテレビで見たばかりです。
大きな被害をもたらす「台風」も初秋までは油断できません!
そこで今回は、前回に引き続きJAF(日本自動車連盟)の小林さんに『水害時の備え&対策』について話を伺いました。
__________*____________*

スマイル:台風といえば、まだ記憶に残っているのが平成17年に発生した台風14号の被害です。記録的な大雨で、宮崎市の各地で浸水被害が発生しましたよね。市の報告によると床上・床下浸水、一部損壊など合計3,937世帯が住家被害にあったそうです。サティオのスタッフさんからも、浸水被害を受けた多くの車が運び込まれて、工場はこれまで見たこともない景色だったと聞きました。このような水害に対して、何か対策ってあるんでしょうか。

小林さん:予測できない自然災害は免れることができませんが、”台風”といった、事前に情報があるものに関しては対策が可能です。いまは気象情報をチェックすると、おおよその降水量を知ることができますよね。雨風が強くなる前に、車を高台に避難させることが、車を守る一番の方法です。  

スマイル:自分が住んでいる地域が、どのくらいの雨量で浸水してしまうかを知ることも大事なんですね。大淀川周辺の地域は、川の氾濫も怖いですよね・・・。市や各地域が出している「防災ハザードマップ」をしっかり確認しようと思います!

小林さん:大事な車が浸水被害に合わないようにするのはもちろん、まずは私たちの命を守らないといけません。そこで覚えていてほしいのが、豪雨時の運転についてです。台風でなくても、雨の日の運転は視界不良で危険度が増しますよね。大量に雨が降り続けると道路に雨が溜まり、浅い川のような状態(冠水)になることがあります。ここに車で侵入してしまうと、身動きが取れなくなることがあるので要注意です! 

スマイル:道路が冠水してしまった場合、どの程度の水位が限界なのでしょうか??

小林さん:タイヤの半分までの水位が限界と言われています。排気ガスを放出する役割のマフラーから、エンジン内部に水が入る可能性も十分にあって、最悪の場合にはエンジンが動かなくなることもあるんです。視界不良で冠水に気づくのが遅れてしまった! という時には、前に進むよりも戻る方が良い場合もあります。とくに水が濁っている場合は、パッと見た目では水位をはかることができません。侵入してしまって、意外と深かった!という事態に陥ることもありえます。水が溜まりやすいガード下の道路などには絶対に入らずに、引き返してください。

スマイル:テレビなどの映像で、水の中を波打ちながら走ってる車を見ることがありますよね。あれはもう危険レベルを超えているんですね。

小林さん:大雨が降り続けると、最初は大丈夫でも、いつの間にか水位が上昇している!ということがあります。台風や豪雨の際は、運転自体を控えるのがベストです。

引用:JAFホームページ「JAFユーザーテスト」

スマイル:ちなみに、JAFさんのホームページでは、いろんなシチュエーションでのユーザーテストを公開しているんですよね。実験の様子を映像でも見ることができるので、すごく勉強になります。

小林さん:今回のテーマ「冠水時の走行」についての検証もしていますので、ぜひ一度チェックしてみてください。災害時の車に関する知識を持っておくのも、命や車を守る大事なポイントです

▼JAF ユーザーテストはコチラから
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/index.htm

__________*____________*

被害を予測ができないのが、自然災害の恐ろしいところです。
いざという時にできるだけ慌てなくて済むように、日頃から考える機会を設けるのが大事ですね!
前回から出演していただいた小林さん、本当にありがとうございました^^*

★知っておきたいプチ知識★
いま主流になっている、自動車のスマートキー。
実は、常に微弱な電波を発信しているので、携帯やipadなどと一緒にしていると、
電池の減りが早くなったり、誤作動を起こすことがあるらしいので要注意なんだとか! 
そうとも知らず、私はひとつのバッグの中に、鍵も携帯もパソコンも何もかも一緒に入れちゃっていました; もちろん、この知識もJAFの小林さんから教えていただきましたよ! 皆さんもお気をつけて〜〜。

車のプロに聞きましたpart.1 〜夏の車内温度は、危険レベルMAX!!!!〜

こんにちは、スマイルちゃんです^^*

今年も無事にお盆が過ぎて、なんだかホッとしています。子どもたちは、夏休みの宿題にラストスパートをかける時期でしょうか。ちなみに、私は自由研究や絵画などの大物を最後まで残して苦労するタイプでした……(汗)

という余談はさておき、今回のブログには、JAF(日本自動車連盟)のスタッフが初登場! JAFといえば、充実&安心のロードサービスが受けられて、いろんな会員優待があることでも知られていますよねいざという時に駆けつけてくれる、ドライバーにとって心強い味方です。そんなJAF宮崎支部の小林宏之さんに、危険すぎる!夏の車内温度について話を伺いました。

ーーーーーーーーーーーー*ーーーーーーーーーーーー*

スマイル”災害級”とまで言われる今年の酷暑。車に乗っている時はエアコンで快適に過ごせますが、一旦エンジンを切って用事を済ませた後に乗る車内の温度って、それはもうとんでもない暑さですよね……。かと言って、エンジンをかけたままだとガソリンの減りや安全面も気になります。小林さん、何か対策ってあるんでしょうか。。。

小林さん:本当に今年の暑さは異常ですよね……! 車中での熱中症にも気をつけないといけません。まずは、JAFが温度測定器を用いて行なった実験について話をさせてください。35度の気温で車内温度の変化測定の実験を行なった結果、対策なしの車(黒色)は、車内の最高温度が57℃、ダッシュボードの温度は79℃にまで上がりました。よくサンシェードで対策をしている車を見かけますが、こちらも車内温度は50℃、ダッシュボードは52℃という結果が出ています。窓を3センチほど開けておいた車は、車内の最高温度が45℃でしたが、こちらもダッシュボードは75℃と高温になってしまいます。

引用:JAFホームページ「JAFユーザーテスト」

スマイル:57℃(!?)何の対策もしていない状態だと、低温サウナに入っているほどの暑さなんですね; 車内温度が上がらないようにするために一番効果があるのは、どの方法でしょうか。

小林さん:まずは日陰になっている駐車場を探すのが良いのですが、なかなか難しいと思いますので、窓を開けておくこととサンシェードの併用がオススメです。そして、そのまま車に乗り込まずに一度車内の熱い空気を外に出してあげるために、片側のドアを開けた状態でもう片方を開け閉めする。そうすれば、エアコンの効きも早くなりますよ。

スマイル:車内温度がこんなに上昇することで、気をつけることってありますか??

小林さんいくら短時間であっても、絶対に子どもやペットを車内に残したままにしないことです! 置き去りによる事故は、ニュースでも耳にしますよね。この暑さではエンジンを切ってしまうと、すぐに車内温度の上昇が始まります。悲しい熱中症事故を起こさないためにも、ぜひ守って欲しいことのひとつです。ほかにも、車内に放置しておかないほうが良いものとしては、ライターやスプレー缶、炭酸飲料、携帯電話など、どれも高温で破裂や故障をしてしまう可能性があるものです。そして、大人はもちろん子どもを乗せるチャイルドシートの”金具部分”も超高温になっているので火傷には十分注意が必要ですね!

引用:JAFホームページ「JAFユーザーテスト」

スマイル:中にはエンジンをかけたままであれば大丈夫! と思ってしまう人も、いるかもしれないですよね。

小林さん:そうなると”キーロック(車内に車のキーがある状態のまま鍵がかかってしまうこと)”が起きてしまう場合があります。車内に残された子どもやペットが不意にロックボタンを押してしまった!という事故も実際にあったことですし、キーの閉じ込みはJAFのロードサービス出動理由の上位にランクインするほど頻繁に起きています。子どもの興味を引くためにキーや携帯を渡すこともあるかもしれませんが、事故を防ぐためにも子どもには絶対にキーを渡さないこと、スペアキーを持っておくことなどを徹底していただきたいです。

スマイル:意思疎通が図れる年齢の子どもならまだしも「鍵を開けて」が伝わらないと、どうしようもできないですもんね・・・。ペットだと、もうお手上げですね。

小林さん:8月半ばを過ぎましたが、まだ日中の暑さは危険レベルです。車内での熱中症や鍵の閉じ込めは、ほとんどがヒューマンエラーによるものなので、事前に防ぐことができるものです。安心安全なカーライフを過ごしていただくためにも、ぜひ細心の注意をしていただきたいです。

スマイル:それでも困った場合には、JAFにご相談を!!

小林さん:はい(笑)すぐに駆けつけます! 次回は、水害時の対策についてお伝えします。台風や急な豪雨などに備えておきたい情報をシェアしますので、ぜひチェックしてくださいね。

子どもも大人も1日中楽しめる!新しいカタチの図書館

こんにちは、スマイルちゃんです^^*

あっっという間に8月に突入!! 祭りに花火大会、山や海のレジャーなど、夏を満喫していますか? とにかく異常な暑さが続く毎日なので、体調にだけは気をつけていきましょうね。

さて、前回に引き続き「都城店」からお届けする今回のブログは、私のとっておきのオススメ情報をご紹介しますよ~~♪

今年4月に堂々リニューアル! 街中にできた今話題のスポットで、夏休みに重宝する場所といえば、、、、

そう! ”都城市立図書館”です★★

子どもだけじゃなく、大人もワクワクしちゃうヒミツとは・・・? ファミリーカーの代名詞、新型セレナに乗って早速遊びに行ってきました♪

_____________*_____________*

サティオ都城店から約10分の場所にある「Mall mall 都城市立図書館 未来想像ステーション」。一歩足を踏み入れて感じたのは、ものすごい開放感! 以前あったデパートの空間をそのまま活かした構造で、高い天井の大きな窓からは柔らかい光が差し込んでいました。

1階フロアには、社会科学や哲学、技術、地域&行政資料などがズラリ。中でも面白かったのが、「気になる言葉」から本を検索するシステム! QRコードを読み込むと、その言葉に関する書籍が検索できるというもの(驚)。ユニークな索引方法に、ワクワクしちゃいました。

さらに近くの展示台エリアには期間限定のディスプレイがされてあり、この日は都城の「おかげ祭り」の歴史やグッズを紹介。思わず”へぇ~”と声が出てしまいましたが、いろんな知識が得られるのも、図書館ならではですよね!

ひとしきり1階をウロウロした後は、館内中央の階段をあがって2階フロアへ。

すぐ目に飛び込んできたのが、壁一面に並んだ雑誌の数々。「magazine  wall」と名付けられたエリアでは、ジャンル豊富に、最新号からバックナンバーまで取り揃えてありました!(ここだけでも、半日過ごせちゃう)

そのほか、文学に料理、歴史、健康の本などなど。「こどものほん」のエリアもあり、こちらは本棚が子どもの背丈だったり、子どもが遊べるスペース「子どもの庭」があったりと、至れり尽くせり。子ども連れにやさしいって、パパママにとっては、スゴく嬉しいですよね。ちなみに、夏休みの自由研究にオススメの本などもチョイスされてあったので、まだ決まっていない子どもたちに、ぜひ教えてあげてくださいね♪

中央からさらに奥に進むと、図書館では見たことないようなエリアが・・・。

ティーンズスタジオ」と名付けられた部屋は、その名の通り10代だけが使うことのできる青少年専用のスペース。ワークショップもできる「ファッションラボ」に、「対面朗読・録音スタジオ」など、どれも従来の図書館では見たことのないスペースばかり。今後の色んなイベントや企画が楽しみです。

2階フロアの一角には飲食ができる「おべんとうコーナー」もあって、ランチ持参の子どもたちや学生がたくさんいましたよ。

ここまででも、盛りだくさんなのですが、最後にどうしても紹介しておきたいエリアが1階にありました!! それが「Mall Market」図書館に併設されたカフェです♡(オイシイ情報は外せません)パスタやカレー、パニーニなどの軽食メニューから、季節の果物がたっぷりのスイーツまで^^* 私はチーズたっぷりの「パリジャンサンド」をオーダーしました♪ 大きなバゲットにレタス、ベーコン、トマトに玉ねぎ。たっぷり、とろ〜りチーズの上にはアクセントのオリーブ。もちろん、ぺろっと完食。朝9時からオープンしているので、休みの日の朝食にももってこいの場所ですよ〜。お茶やお菓子など、都城ならではの特産品や限定グッズなども販売しているので、ぜひ手に取って見てくださいね。

_____________*_____________*

ここって本当に図書館?ってなっちゃうほど、公共の施設とは思えないほどの充実ぶりで、1日いても飽きない、むしろずっと居たくなる!! 子どもから大人まで、どの世代でも楽しめる場所って、貴重ですよね~。

ぜひ、読者の皆さんも、家族で楽しめる新型セレナに乗って、新生都城市立図書館へ遊びに行ってみてください。たくさんの驚きとワクワクが発見できること、間違いなしです♪