簡単手軽なアイテムで、タイヤのパンクも怖くない!

こんにちは、スマイルちゃんです^^*
そろそろ宮崎も梅雨明けでしょうか??
雨の日でも、ムシムシとした暑さが続きます。水分補給を忘れずに、熱中症対策は万全にしていきましょう!

さて、今回からプチリニューアルのサティオのブログ。
みなさんのカーライフに、もっと身近で役立つ情報をお届けしていきます。

初回のテーマはタイヤのパンク
気をつけていても、避けられないトラブルのひとつですよね。
急なことで慌ててしまい、パンクした状態でディーラーやガソリンスタンドまで走ってしまうと、タイヤそのものがダメになってしまいます。
そんな緊急時の困った!を解決してくれるスグレモノを、サティオ日向店の椎葉さんが紹介してくれました。

___________*_____________*

スマイル:私の車には一応スペアタイヤがのっていますが、ジャッキを使いこなす自信がまったくないです。女性はとくに難しいですよね〜。

椎葉さん:実は、車内のスペース確保や軽量化などのために、最近ではスペアタイヤを搭載している車自体が減ってきています。その代わりに”応急処理セット”が搭載されているのですが、コンプレッサーを車内のアクセサリーソケットとつないだり指定の空気圧になるまで補修剤を注入したりと、意外とややこしいんです。

スマイル:かと言って、パンクした状態でとりあえずガソリンスタンドやディーラーに向かう!というのは、NGなんですよね?

椎葉さん:パンクした状態で走行を続けてしまうと、車体の重さなどでタイヤそのものがダメになってしまいます。新しいものに取り替えるとなると出費がイタイですよね。
そこで! 今回、私がオススメするのが「タイヤパンク応急処理剤」です!

スマイル:すでに搭載されている”応急処理セット”何が違うんでしょうか?

誰でも簡単にできちゃいます!

椎葉さん:とにかく使い方が簡単なんです。
①タイヤのバルブキャップ(空気の入り口)を外す
②修理キットの缶をシャカシャカと上下に15秒ほど振る
③缶のノズルを、タイヤのバルブにねじ込んで、噴射ボタンを押す(1分ほど)
たったの3ステップで完了です! 修理剤とガスがこれ1本に入っているので注入後は、低速で5キロほど走ってみて空気の抜けがないかを確認。それから最寄りのディーラーやガソリンスタンドを目指してもらえればOKです。

スマイル:サイズもコンパクトで使い方もシンプル! しかも、お手頃価格の2,592円!! これは1本持っていて損はしないですね。

椎葉さん:ハイ^^ 遠出の際や電話が通じにくい場所、夜の時間帯だとより一層タイヤのパンクって不安になってしまいますよね。万が一の時のために、ぜひ備えていて欲しいアイテムです。
もちろんタイヤのパンク以外でも、車に関する困りごとや疑問など、どんな些細なことでも気軽に相談してくださいね♪

▼取材後記

今年で整備士3年目を迎えるという椎葉さん。ひとつひとつの説明がとっても丁

寧で、分かりやすい!「洗車サービスでは、ドアの内側のフチまで磨き上げます。お客様が気づく、気づかないは関係なく自分が納得する作業を心がけています」と、言うことまでイケメンすぎて、もはやズルイ(笑) というのは冗談ですが、仕事に向かう姿勢が、サティオの"まごころ宣言No.1”そのものでした。